結婚条件としての学歴

結婚する際に学歴を気にするのは、一昔前の話です。
現在は最終学歴など関係なく、その人の現在の姿やその人自身の魅力によって、結婚相手を選ぶことが一般です。
確かに現在の職業や役職等の肩書きは、その後の収入の問題や将来の仕事の保障問題にも絡んでくるので、結婚する際の条件として考慮されることもあります。
しかし、学歴というのがどこまでその人の人格形成に関わっているか、また立派な肩書きとなるかどうかは、その人自身の今の姿が物語っています。
また、それを条件に結婚に反対する親も実際にいます。
自分の息子、娘の相手として社会でどのような評価を受けるのか気にするのです。
しかし、実際に高卒でも立派にエリートサラリーマンになる人もいます。
その人自身の魅力は現在の姿で決まるのです。

高学歴を重要視し過ぎていませんか。

女性が選ぶ結婚相手の男性の条件にはどんなものがあるのでしょうか。
恐らく容姿、性格、職業、年収、学歴などがあるのでは無いかと思います。
その中で果たして学歴については本当に高望みする必要があるのでしょうか。
容姿や性格については、毎日一緒に生活を送る訳ですからで大切でしょう。
また職業や年収についても、将来的に安定した生活を送って行く為には非常に重要な条件であると思います。
但し、学歴は結婚生活を送るうえで何の影響があるのでしょうか。
万が一、職を失った場合の再就職の際には必要になるかもしれません。
世間体も多少は変わるのかもしれません。
しかし、そこまで結婚生活に大きく影響するものでは無いのではないでしょうか。
高学歴を重要視するあまりに、ふと素敵な男性の本質を見落としている可能性もあるのでは無いでしょうか。