結婚相手を顔で選ぶこと

結婚する際に、相手を顔だけで選ぶ人はほとんどいません。
一時的に付き合うだけならまだしも、今後の将来を共にする相手を、上辺だけの判断で決めてしまうことは自分にとってマイナスです。
それよりは、その人が持つ内面の部分であったり、性格であったりと、その人自身を良く理解できる部分で判断し、失敗のない結婚にすることの方がはるかに理想的であると言えます。
もちろん、美人であったり、美男子である方が魅力的に映るので、結婚相手として選ぶポイントの一つにはなります。
しかし、そこはあくまで一部です。
その人が持つものは、顔にも表れてくるはずです。
顔で選ぶなら、そこからにじみ出るその人となりをきちんと見つめ、判断材料にするべきなのです。

結婚記念日は忘れないように

結婚記念日は夫婦で一緒にお祝いする記念日の一つです。
最近の若い人たちはこのほかにも初デートの日や初キッスの日、初Hの日など他にも二人でお祝いする日を設けることもあるようです。
結婚記念日は時間が経過するとともにその存在が薄れてしまい、つい忘れてしまうことが多くなります。
子供の誕生日や相方の誕生日は覚えていても結婚記念日は忘れてしまいます。
この日を覚えやすくするためには結婚式の日取りを決める時に覚えやすい日や印象に残る日を選ぶと忘れることが少なくなるのではないかと思います。
通常、結婚式は大安を好んで選ばれますが、大安以外に自分たちの記憶に残る日取りを選択すれば良いのです。
」仏滅だけは避けてぞろ目とか国民の祝日を選ぶのも一つの方法です。