結婚で英語を利用する機会とメリット

結婚の際に英語を使用する機会といえば、メッセージカードをオシャレなものにしたい場合や、ウェルカムボードなどに記載し、スタイリッシュなものにデザインする場合などがあります。
決して長文ではなく、単語や短い文で表現するものが多いので、それだけ伝えたいことを簡潔にまとめたものを使わなければなりません。
それには、年配の方にも理解できるようなものが望ましいので、日常生活の中で良く目にするようなものが選ばれます。
例えば、「ハッピーウェディング」「コングラッチュレーション」等はよく使われています。
日本の結婚式といえども、ところどころにそういった英語が使われることで、随分と華やかで、いい意味でくだけた印象を作り出すことができるのです。

結婚資金を貯めておこう

長年付き合っている恋人との結婚を決めたものの自分には貯金なしという事が意外とあり得る事です。
そうならない為にも普段からの貯蓄は大切です。
なぜ貯金が必要かと言いますと、まず婚約指輪や結婚指輪の購入費用が発生します。
そして場合によりますが結納の際の資金も必要です。
そして結婚式、披露宴を挙げる為の資金が必要です。
お祝い金等を頂くのですがやはり前払いするお金が必要です。
さらに結婚後新居を設けるのであれば住宅購入資金、賃貸の物件であれば保障金が必要です。
これらのようにお金がたくさん必要です。
それぞれを切り詰め、不要なものを省けば安い金額で済むことも有りますが通常では一生に一度の事なので、満足できるように貯金はしておくべきです。