結婚を延期する理由とは

結婚が延期されることはあまりないことですが、もしそうなったとしたら、それは本人たちに原因があります。
男性の場合は、急に仕事が忙しくなり、落ち着くまではできない、といったケースがあります。
結婚には大変な費用や時間、準備などが必要になります。
それに踏み切るには、ある程度自由に動くことのできる環境等が整っていないと難しいのです。
そういった物理的な理由もありますが、二人の間に意思のずれが生じたり、結婚を踏みとどまるような事象が生じたりすることで延期となる、心理的な理由のものもあります。
この場合は、二人の気持ちが落ち着くまでは次のステップに進めないので、精神的には非常に不安で負担の大きいものとなります。

結婚して配偶者の扶養に入るには

結婚すると、生活面で色々な変化があります。
まず、夫婦のどちらかは苗字が変わります。
それにより、周囲からの呼ばれ方が変わります。
他にも色々ありますが、中でも特に重要な変化として、夫婦のどちらかがもう片方の健康保険などの扶養に入る事があげられます。
では、夫婦のどちらかがもう片方の健康保険の扶養に入るにはどうすればよいでしょうか。
以下では、例として妻がサラリーマンの夫の扶養に入る場合について述べます。
まず、妻の年収が定められた金額未満である事が必要です。
そして条件をクリアしていれば、被扶養者届を保険者に提出します。
保険者というのは多くの場合は健康保険組合です。
但しあくまで、夫が勤める会社を経由して届ける事になっています。